放射能汚染された食品での体内被曝を避ける方法

 

東北関東大震災での福島第一原発の事故で心配される

放射線物質(放射能)での食品や水道水の汚染が心配されています。

体内被曝の危険性に怯えながら過ごすのは

肉体の心配だけではなく、精神的にもかなりのストレスが懸念されます。

 

放射性物質(放射能)などでの汚染だけではなく

私達は日々、見えない農薬や、化学物質を日常生活の中で

気づかないうちに体内に溜め込んでしまっているのは既に

多くの方がご存知の事であり、

その為にアレルギー症状に悩まされ続けている人もいます。

 

そういう「体内に溜まった毒素」に関しては、

毒素を排出させる「デトックス」や「キレーション

って言葉を耳にした事がある方も多いのではないかと思います。

 

体内に溜まってしまった放射性物質や農薬などの毒素を

体外に排出するのはもちろんですが

その前に、まず「できるだけ体内に毒素を取り込まない」

って事の方がもっと重要です。

しかし

農薬や添加物、放射能などに汚染されていない

「無農薬」や「無添加」の食品を選びたいと思っても

それは割高になりますし、

食品偽装問題含め、表示だけで安心して購入はできないのが現状。

日々の食事で全てを無農薬や無添加などの本当に安全な食材を

「安心食材」を購入し続けるのは難しいのは事実です。

 

そんな今だからこそ

私達が普段スーパーなどで気軽に手にできる食品を

いかに綺麗に体内汚染要素になる毒素を洗い流して

身近で手に入る普通の食材や水を

子供にも安心して食べさせられるように綺麗にした状態で口にする方法。

そして

「体内に溜まった毒素を排出しやすい体」を作り上げていく事が

今注目を集めています。

 

こうした問題を解決する書籍やニュースはまだまだ一般書籍として

本屋に並ぶ事は準備含め数ヶ月先になるのですが

放射能に汚染された食品に不安を抱える人達の中で

「今、この瞬間」から実践できる

2008年の世に出されたのに、今改めて爆発的に注目を集め出したのが

『 フードデトックス 』 という方法です。 あなたはご存知ですか?

→ フードデトックスの方法

 

私達が自分や自分の家族を守る為に今この瞬間から実践できる方法は

このフードデトックスからです。

「 食 」 は生きる源。

そんな 「 食 」 に感謝の意味を込めながら、少しだけ手を加えて

“安心に変えてあげる” という行為も、

食の大切さを確認する上で必要なことなのかもしれません。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

[snazzy-archive]

売り切れ御免!のおからこんにゃくネットショップはこちら

このページの先頭へ

イメージ画像